読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

アニメ版『惡の華』第1話の感想

衝撃?のアニメ版『惡の華』放送開始!!!

観ました、アニマックスで。

感想を一言で言うと。

いや~

あの~

ほら。

怖かった。

まじで。

怖いよ。

トラウマアニメだよこれ。

変な夢見るよ。

でも俺、昨日の夜中も、今さっきも、おんなじ話2回見ちゃったよ。。。。

制作サイドの目論見は、全て当たっている

アニメ版放送開始にあたってのパブリシティで、Webサイト『コミックナタリー』に『惡の華』原作者・押見修造とアニメ版『惡の華』監督・長濱博史の対談記事が企画・掲載されています。

アニメ「惡の華」原作者・押見修造と監督・長濱博史が対談 (1/3) - コミックナタリー Power Push

この中で長浜が次のように述べています。

──前情報なしに今期のアニメ1話をチェックするぞーって見た人は衝撃を受けるでしょうね。

長濱 オープニングの音楽から1話のストーリーの構成から、「なんじゃこりゃ」ってなるように作ってますから、恐らくたくさんの人をふるいにかけることになると思うんです。「気持ち悪いからもう見ない」「こういうの大嫌い」って人も出てくるでしょう。

最初この対談を読んだ時、「何を大げさなw」と思いました。
しかし、実際目にしたアニメ版『惡の華』は、とにかく怖い仕上がりでした。監督・長浜の言うとおり、「ふるいにかける」第1話だったと想う。
どのカットにもいちいち「錆びた鉄」が写り込む。これでもか、という具合に。コミックス3巻87Pで、春日が仲村を自転車に乗せて、自分たちが住む街について語る言葉通り、本当に錆びた鉄の町だという印象を、視聴者に徹底的に見せつける。
あと、音、BGM。聴覚に訴えかけてきます。この町でこれから起きること全てを音楽に語らせてしまうような、不安感を与えるような音色とリズム。
山に囲まれた盆地の、どん詰まりで、道の先で全部死んでる、気づいてしまった人には絶望しか無いこの舞台の説明としてこの演出は完全なる正解と言える。
そして人物の動きや等身、アニメらしくないリアルさ。アニメ版『惡の華』で採用されたロトスコープという技法は、人物の動きを実写で撮ってそれを2次元の絵としてトレースする技法で、平坦な2次元の絵の人物が、実写の映画やドラマのように動く。元になる動きは実写ですから動きや表情にアニメっぽいデフォルメが無く、しかし見た目は2次元の絵なのではっきり言って戸惑います。でも見る側が感じるその戸惑いもすでに演出効果として期待されているもののように思います。
漫画版『惡の華』は、フォーマットが漫画であることから、体操着泥棒やパンツ泥棒、放火、心中などといったえげつない行為や表情はすべてそれなりにデフォルメされた表現がなされます。でもこれらがロトスコープで描かれたら?ゴミデートにカス告白、自転車漕いで山へ向かう佐伯の表情、春日と付き合い始めてからののことを思い出しながらセックスして春日を取り戻す決意を固めてパンツ小屋に向かう佐伯の表情、マウントポジションで激昂する仲村の表情、パンツ小屋での仲村春日のイキ顔、櫓の上で遺書を読み上げる春日と仲村の表情、これらがロトスコープで描かれたら?

これはヤバイよ!

これは絶対見たい!

やべえこれホント楽しみだ!


あとエンディングテーマがほんとうに怖い

多分ですね、面接の前とかに聴いちゃいけないタイプの曲だと思うんだ、これ。

惡の華ED 「花 ~a last flower~」 - YouTube

こっちに比べるとオープニングのはまだアニメらしいというか。


気になったところ

これからもずっと観たいと思える内容だったのは確かですが、漫画版にどっぷり浸った身からするとどうかなぁ?という方向で気になる部分はやはりあります。

  1. 春日の顔が「キレイなブラマヨの吉田」みたいだったのは、ちょっとなぁ。
  2. せっかくロトスコープで妙なリアルさをまとったのに、仲村のあの髪の色はちょっと萎える。普通のアニメに比べたらまだマシな髪色なんだろうけど。

まとめ

多少気になる部分があるものの、漫画版と同じく確実に観る者の心を抉る作品になると思います。
毎週金曜深夜が楽しみだな!金曜深夜は来週から「みんな!エスパーだよ!」も始まるし、楽しみだな!


当ブログにおける「惡の華」関連記事一覧

アニメ版『惡の華』第8話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第7話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第6話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第5話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第4話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第3話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第2話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
アニメ版『惡の華』第1話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
別冊マガジン2013年6月号『惡の華/押見修造』第45話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
別冊マガジン2013年5月号『惡の華/押見修造』第44話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
別冊マガジン2013年4月号「惡の華/押見修造」の感想やらなんやら - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華/押見修造』にみる、親と子の関係 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華/押見修造』春日の人称変化について - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華/押見修造』中学生編の考察 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華/押見修造』の佐伯さんについて - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
週刊プレイボーイ2013年15号『惡の華/押見修造インタビュー』感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『季刊エス 2013年4月号』惡の華/押見修造インタビューの感想 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華』仲村の罵倒全集 その1 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
『惡の華』仲村の罵倒全集 その2 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜
惡の華/押見修造 - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜