読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

『惡の華/押見修造』いつ頃の話なのか?

『惡の華』の時代設定はいつ頃なのか? 前のエントリ(コミックス『惡の華/押見修造』春日くん家のテレビはなぜお笑い番組を写さなくなったのか? - I think so./I feel so.〜takashi_itoの読書感想文〜)を書くためにまた『惡の華』を読み直して、佐伯さ…

コミックス『惡の華/押見修造』春日くん家のテレビはなぜお笑い番組を写さなくなったのか?

『惡の華』春日くん家のテレビの謎 春日くん家のテレビといえば、いつもいつもお笑い番組ばかり写ってた気がします。それが別冊マガジン8月号掲載第47話ではお笑い番組を写さず、団欒の春日家が写り込んでいました。 別冊マガジン8月号第47話についてはこち…

コミックス『ハイスコアガール/押切蓮介』第4巻の感想

高校生活スタート!そして急展開! 馬鹿は馬鹿なりに足掻いたものの、大野と同じ上蘭高校には合格できなかったハルオ。傷心の高校生活が始まりました。ハイスコアガール(4) (ビッグガンガンコミックススーパー)作者: 押切蓮介出版社/メーカー: スクウェア・…

コミックス『ハイスコアガール/押切蓮介』第3巻の感想

ハルオ、何かに目覚める⁉ 帰ってきた大野に対戦を拒否されて傷心のハルオ。大野や小春や宮尾の恋心をスクリューパイルのように巻き込みつつ、中3が迎える人生の岐路「受験」に向かって突き進む『ハイスコアガール』3巻、私なりの感想です。ハイスコアガール(…

コミックス『ハイスコアガール/押切蓮介』第2巻の感想

中学生ステージ、日高小春登場 1991年・小学6年生の夏から時は流れて1993年中学2年の冬。相変わらずのゲーム脳・ハルオの前にひとりの少女・日高小春が現れる『ハイスコアガール/押切蓮介』第2巻。2Dゲームからポリゴンへと切り替わり始めるこの時期、ハル…

コミックス『ハイスコアガール/押切蓮介』第1巻の感想

ゲームプレイが物語を紡ぐ『ハイスコアガール』の魅力 私、いわゆる団塊ジュニア世代なんですが、御多分に洩れずファミコンをはじめとするテレビゲームに狂ってました。小学生頃から大学卒業まで、随分長くゲームが自分の中で最も楽しいエンターテイメントと…

別冊マガジン2013年8月号『惡の華/押見修造』第47話の感想

過去と向き合い、清算する決意 『惡の華』作中の季節もそろそろ春を迎えようとする中で、春日くんも新しい季節を迎えるために「過去の清算」に目が向いてきたようです。別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/07/09メ…

アニメ版『惡の華』第13話の感想

最終回 アニメ版『惡の華』もとうとう最終回。何がどう描かれてどう終わるのか?私の観た感想を書きたいと思います。

アニメ版『惡の華』第12話の感想

受け入れられるのか?春日くんの作文! 夢に現れた仲村さんの言葉をきっかけに、仲村さんを一人にはしないという決意を固めた春日くん。第12話ではどう動くのか? ※ネタバレ注意

アニメ版『惡の華』第11話の感想

ズレてる春日くん 今回からオープニングが『惡の華 -群馬県桐生市-』に。イントロが面白かったです。 ※ネタバレ注意

コミックス『惡の華/押見修造』第8巻の感想

閉塞感と過去からきた暗殺者 コミックス『惡の華/押見修造』の第8巻が6月7日に発売されました。私自身、『惡の華』を手に取って読み始めたのは今年の2月頃、別冊マガジンの連載でいうと第42話からで、ちょうどこの8巻収録分の第38話から41話迄は初めて読み…

アニメ版『惡の華』第10話の感想

とことんすれ違う三者三様の思い イベントで「7話を凌駕する」プレゼントのニュース - “惡の華 ~ハナガサイタヨ会vol.2~”レポ! ニコ生一挙放送情報も! - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMANと制作側から話の出ていたアニメ版『惡の華』第10話。中学生編の…

別冊マガジン2013年7月号『惡の華/押見修造』第46話の感想

お父さん!お母さん!ただいま 春日くんと常磐さんの思いが一つに重なったクリスマスイブから少し過ぎた、冬休みの一日を切り取った今回。穏やかな中にも新しい季節への確かな意志が感じられるような回でした。別冊 少年マガジン 2013年 07月号 [雑誌]出版社…

アニメ版『惡の華』第9話の感想

追い詰められる春日くん、追う佐伯さん、便乗する仲村さん ※ネタバレ注意 教室を荒らしたクソムシの海事件、床に描かれたルドンモチーフの「惡の華」によってただ一人誰が犯人なのか気付いた佐伯さん。自分のしたことに押し潰されそうな春日くんは佐伯さんに…

アニメ版『惡の華』第8話の感想

狂熱の後の、不気味な町 ※ネタバレ注意 春日くんと仲村さん、二人の内なる衝動を叩きつけ合った真夜中の教室。全部を出し切って抜け殻のような二人は手をつなぎ、それぞれの家に戻ります。ゆっくりと丁寧に、二人の動きが描かれました。二人の歩く道はほぼ全…

『ジョジョリオン/荒木飛呂彦』第4巻の感想

我想う、故に我在り…だが、想うこの俺は誰なんだ? ※ネタバレ注意 定助はジョジョシリーズ最高に哀しい主人公だと私は思います。これまでの主人公達は皆、不条理で残酷な運命に時に弄ばれながら、それでも自らのゆく道を自らの意志の力で切り拓いてきました…

アニメ版『惡の華』第7話の感想

クソムシの海! 話の進み方からして8話なのかな~?と思っていたら、7話で「教室クソムシの海化事件」でした。アニメ版はここまでだいぶゆっくり丁寧に進めていた印象があります。あと6話で夏祭りまでやるならかなりテンポよく展開しそうです。

アニメ版『惡の華』第6話の感想

せっくすせっくす!の第6話 アニマックス版が1日先行していたはずなのに、ゴールデンウイーク編成を挟んで気が付けばMX版が1週先行中。有料放送の意味って…

別冊マガジン2013年6月号『惡の華/押見修造』第45話の感想

…ああ… あったかい… そうだ、春日はもっと常磐さんにぶたれりゃいいんだ、こんちくしょー!な今回でした。読んでてニヤけた。 ※ネタバレ注意

アニメ版『惡の華』第5話の感想

アニマックス版はGW編成で休み!? ゴールデンウィーク後半、私は法事のため実家に帰省。今日帰ってきてNHKマイルカップ(インパルスヒーローもうちっとだったな)見て庭に水やりして、つまみの用意して酒呑みながら第5話観るか〜とレコーダーをチェックすると…

『惡の華/押見修造』春日の人称変化について

変遷する春日の人称について考えたい 前々から気になっていたので、『惡の華』主人公・春日くんの人称変化について書いておこうと思います。 ※ネタバレ注意惡の華(2) (講談社コミックス)作者: 押見修造出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/09/17メディア: …

アニメ版『惡の華』第4話の感想

ファーンが無いぞ!ファーンが!!出せ!!!ファーンを出せ!!!! まあそれはおいといてw ※ネタバレ注意 今回、OPが変わりました。後藤まりこ。ミドリの人。解散したんだった。残酷なスクールカーストの描写。ヒエラルキー最上位の佐伯さんの「おはよう」一発で変…

アニメ版『惡の華』第3話の感想

エロい仲村さん出ました!!!! ※ネタバレ注意 最早待ち遠しささえ感じてしまう金曜夜10時。アニメ版『惡の華』の感想を。 今回はあの図書室での体操着無理やり着させ事件。実際に動きのある中だと、あんな風にブルマ履かせてたのか!?と妙な感心すらしてしまう…

『惡の華/押見修造』にみる、親と子の関係

『惡の華』を深く読もうとした時、親子関係が結構重要ですよね、という話 ※例によってネタバレ気味ですのでご注意ください。 週刊プレイボーイ2013年15号でのインタビューにおいて、作者・押見修造は次のように語っています。 僕の場合は、中1のときに父親か…

アニメ版『惡の華』第2話の感想

アニメ『惡の華』今回もまた。。。怖い。。。 アニメ版『惡の華』第2話が放送されました。今回もまた。。。いろいろと怖い構成になってました。 アニメ版『惡の華』第1話の感想はこちら アニメ版『惡の華』第1話の感想 - I think so./I feel so.〜takashi_i…

別冊マガジン2013年5月号『惡の華/押見修造』第44話の感想

おかえり、春日くん まず最初に、このように言わねばなりません。大変だったね、よく帰ってきたね、おめでとう、と。

アニメ版『惡の華』第1話の感想

衝撃?のアニメ版『惡の華』放送開始!!! 観ました、アニマックスで。感想を一言で言うと。いや~あの~ほら。怖かった。まじで。怖いよ。トラウマアニメだよこれ。変な夢見るよ。でも俺、昨日の夜中も、今さっきも、おんなじ話2回見ちゃったよ。。。。

『惡の華/押見修造』中学生編の考察

アニメ放送開始前に、『惡の華』中学生編について考えてみる 4月6日からTVアニメ『惡の華』が放送されます。アニメ版『惡の華』はだいぶ情報を絞ってストーリーやキャスト以外のネタバレを防ごうとしているみたいですね。おそらくコミックス1巻から7巻途中ま…

週刊プレイボーイ2013年15号『惡の華/押見修造インタビュー』感想

祝(?)『惡の華』作者・押見、週刊プレイボーイ 略して週プレ進出! 週刊プレイボーイ今週号(4月15日号)に『惡の華』作者・押見修造のインタビューが掲載されました。週刊プレイボーイ2013年4月15日号 [雑誌][2013.4.1]発売日: 2013メディア: ?この商品…

映画『俺たちに明日はない』感想

映画『俺たちに明日はない』を観た もし「観たことないけど、一度は観たような気になっている有名映画」なんてランキングがあったら、結構上位に入る映画だと思う。要するに色んな所で語られすぎて、観なくても話のスジを知っちゃってる映画ランキング。この…

角川文庫『道徳という名の少年/桜庭一樹』の感想

書名:道徳という名の少年 著者:桜庭一樹 道徳という名の少年 (角川文庫)作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2013/03/23メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る書店で行儀よく平積みされてた新刊文庫の…

『惡の華/押見修造』の佐伯さんについて

別冊マガジン連載中の『惡の華/押見修造』佐伯さんを読み解く 別冊マガジン2月号・3月号で春日以外の主要キャラとして初めて高校編に登場した佐伯さん。リア充(w)としてそれなりに楽しくやっている様子。中学編一番の被害者とも言える彼女なりにいろいろ…

『季刊エス 2013年4月号』惡の華/押見修造インタビューの感想

タイムリーな感じで『季刊エス 2013年4月号』に「惡の華/押見修造」のインタビューが掲載された。これをを読んでの感想など。まとまりもとりとめも無いので、いずれまとめられればと思う。季刊 S (エス) 2013年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: 飛鳥新社発売…

文春文庫『そして生活はつづく/星野源』の感想

書名:そして生活はつづく 著者:星野源 そして生活はつづく (文春文庫)作者: 星野源出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/01/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 16回この商品を含むブログ (36件) を見る 昨日の新宿での人間ドックのあと、久々に行った…

『惡の華』仲村の罵倒全集 その2

『惡の華』甘美な(?)仲村の罵倒をまとめてみよう!第2弾! 意外と語彙が少ないけれど、たまにココロに突き刺さる! 『惡の華』といえばやっぱりこの人、仲村佐和の罵倒全集第2弾、スタート! 【参考】第1弾 『惡の華』1巻から3巻までの分はこちら 『惡の…

娘が生まれました

早朝3時半位に破水したとメールがあり、その後5時半位に陣痛が来始め、6時半に陣痛室移動、9時半過ぎに分娩室へ。 私は9時半に病院に着き、何とか間に合いました。助産師さんに促されるまま分娩室に私も入ろうとしましたが、眉を八の字にして苦しむ妻にいな…

納谷悟朗さんのこと

納谷悟朗さんが亡くなりました。 「銭形警部、沖田艦長…声優の納谷悟朗さん死去 83歳」:MSN産経ニュース 私、納谷悟朗さんに仕事を発注し、演じていただいたことがあります。 もう7〜8年も前のことですが。銭形のとっつぁんのセリフをベースに、それをテ…

『惡の華』仲村の罵倒全集 その1

『惡の華』甘美な(?)仲村の罵倒をまとめてみよう! 外は砂嵐だYO! 出掛けらんないYO! やることマジなんもないYO! 嫁さん陣痛まだないYO! だから仲村の罵倒をまとめたYO! まずは1から3巻、やってみたYO!

別冊マガジン2013年4月号「惡の華/押見修造」の感想やらなんやら

今日発売の別冊マガジン、立ち読みしました。目的はもちろん『惡の華』。 表紙に仲村。アニメを観ろ、と。 別冊 少年マガジン 2013年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/03/09メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (2…

漂流ネットカフェ/押見修造

書名:漂流ネットカフェ(1〜7巻) 著者:押見修造 漂流ネットカフェ 1 (アクションコミックス)作者: 押見修造出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2009/02/28メディア: コミック購入: 4人 クリック: 46回この商品を含むブログ (19件) を見る 『惡の華』から続く…

最近買った本、漫画、CD

最近はこんなものを買いました。 漫画 スイートプールサイド/押見修造 ぼくは麻理のなか 1巻/押見修造 志乃ちゃんは自分の名前が言えない/押見修造 漂流ネットカフェ 1〜7巻/押見修造 マコちゃんのリップクリーム 8巻/尾玉なみえ おかゆネコ 1巻/吉田…

惡の華/押見修造

書名:惡の華(1~7巻) 著者:押見修造 『惡の華』はだいぶ前から気になっていたものの、購入にまで至りませんでした。妻が出産の為、実家に帰省しており、やることのなさからついつい全巻大人買いしました。読み進めるうちに、自分とストーリーを重ね合わせ、…

はじめに

はじめまして、takashi_itoです。関東地方に住んでいます。もうおっさんです。妻と猫と暮らしています。まもなく子供が生まれます。 このブログは片道1時間の通勤の合間に読む本の感想を書くためのブログです。読む本は漫画だったりビジネス書だったりします…