読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

『惡の華/押見修造』木下亜衣の不思議な立ち位置

亜衣ちゃんの何がわかるん⁉

惡の華(6) (講談社コミックス)

惡の華(6) (講談社コミックス)

いや、実際よくわかんないですよね、木下さん。最新48話で再登場した木下さんは、中学生編でも重要なキャラだったと思います。『惡の華』作中で描かれている範囲での木下さんのペルソナってこんな感じでしょうか。
※ネタバレ注意

  1. 佐伯さんの親友
    • 佐伯さんが春日くんと付き合ったことを快く思ってはいなさそうだが、できる限り応援はしたいと思っているっぽい
  2. 仲村さんのことが嫌い
    • まゆまゆの給食費紛失を仲村さんのせいにしようとした
    • 体操着ドロ〜パンツ小屋焼失の一連の事件の黒幕は仲村さんだと吹聴した
  3. 佐伯さん・春日くん・仲村さんの三角関係に何やら思うことがあるっぽい
    • 夏祭り当日、佐伯さんを思いつつ春日くんと仲村さんをわりと必死に捜したりする
  4. 春日くんの親戚筋らしい
    • 別冊マガジンでの最新48話で春日祖父の葬儀に来たことからこれが判明


春日くんとの微妙な関係

上にあげたように春日くんの親戚っぽいですが、私はこのふたりの関係に微妙な距離感があるように思います。なぜそう思うかというと、春日くんの、木下さんの名前の呼び方に特徴があるからです。
春日くんは佐伯さん・仲村さん・常磐さんを呼ぶ時は名字プラスさん付けです。しかし木下さんに対しては「木下」呼ばわり、名字呼び捨てなのです。
木下さんが春日くんを呼び捨てするのは、春日くんの舐められ気質というか軽んじられやすさから来ていると思いますが、春日くんが「木下」と呼び捨てるのは、私は違和感を覚えます。
親戚なら名前で呼んでもおかしくないだろうし、相手は女子ということで周りに対して気にする何かがあるならさん付けするでしょうし…


そんなに仲村さんのことが嫌いなのか木下さん⁉

佐伯さんの春日・仲村捜査には最後まで付き合うこともなく途中で降りる木下さん。ついつい言ってしまったことで佐伯さんに激昂されたり*1なども経て、佐伯さんが自首したという情報を得るとわざわざ夜に春日くんの家に行き*2

あんたのせいよッ!!!
私 全部知ってんだからね
奈々子と一緒に見たんだから…
河原の秘密基地!
みんなにバラしてやる‼
警察にも先生にも町中の人達に‼
仲村とふたりで犯罪者の変態になればいいッ‼

と宣言し、その言葉通り春日仲村コンビの悪業をチクって回ります。
しかしここでまたおかしなことが起こります。木下さんは全ての悪事は仲村主導で行われたと吹聴し*3、ある意味で春日くんをかばうのです(ついでに河原の火事も仲村さんの仕業と触れて回ったようですが…)。


立ち位置自体が微妙な木下さん

悪事の全てを仲村さんに押し付けた木下さん。なぜそんなことをしたのでしょうか。なぜ春日くんをかばうようなことをしたのでしょうか。
仲村さんのことが心底嫌いだから?春日くんが親戚だから?
木下さんは、佐伯さんに対しては春日くんと似たような憧れを持っていたのかなと思うのですが、春日くんと仲村さんに対して、特に春日くんに対して微妙な感じの距離感というか独特な立ち位置にいる気がします。
木下さんが48話で再登場したので、もしかするとその辺りも次回あたり明らかになるかもしれませんね。
そして中学生編の主要人物として唯一町に残った(仲村さんの動向が不明なので本当に唯一なのかは微妙ですけど)人間として、春日くん不在の桐生についての「木下史観」を存分に物語って欲しいなと、私は思います。

惡の華(5) (講談社コミックス)

惡の華(5) (講談社コミックス)

*1:コミックス5巻90〜91P

*2:コミックス6巻72〜73P

*3:コミックス6巻80〜92P