読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

ビッグガンガン2017年vol.5『ハイスコアガール/押切蓮介』第49話の感想※ネタバレ注意

燃やし尽くせ!恋の灼熱波動拳

前回48話では、。。。ハルオと二人きりで過ごした夜が明け、晶が向かった先は日高商店。店番をしていた小春と連れ立って向かった先はゲームセンターだった。晶の意図がつかめない小春だったが、ともに過ごすうちに晶はハルオのことをはっきりさせるために来たことを悟る。はっきりさせる手段は当然ゲーム!恋の真剣勝負の幕が。。。
前回48話のおさらいはこちら↓

ビッグガンガン2017年vol.4『ハイスコアガール/押切蓮介』第48話の感想※ネタバレ注意 - I think so./I feel so.

ビッグガンガン2017年vol.5『ハイスコアガール押切蓮介』第49話のあらすじ

※ネタバレ注意
ハルオを賭けた真剣勝負をすることになった大野晶と日高小春。小春は勝利に向けてより自分に有利になりうるゲームを選ぼうとする。が、なかなか決めることができない。
そこに豪鬼が現れ、小春に問いかける。
「うぬはどうしても勝者になりたいか」
どうしても勝ちたい小春。豪鬼が続ける。
「ならば力を貸そう 我が拳に敵なし!!」
小春は対戦するゲームを「スーパーストリートファイターIIX」に決める。
100%勝ちに行くことを改めて決意した小春だったが。。。
詳細はビッグガンガン本誌でどうぞ


勝つことにこだわりすぎてやらかす小春

またやらかしてしまったのか、この子は。。。というのが今月の正直な感想。豪鬼の言葉に、何よりも自分の想いの強さに、結局自分を見失ってしまう。ハルオとの交際を賭けた真剣勝負で敗れた際も、100%勝ちに行くことにこだわって性能頼みになり、使い慣れないキャラを使って結果負けたわけだし。そもそもスパIIX選ぶか?ってのもある。完全に大野の土俵に乗ってしまった。
大野も一旦は勝ちにこだわったけれども、お互い大変にしまらない結果(これは本誌をぜひ読んでほしい、作中二度目の登場「スパIIXあるある」w)を受けていつもの自分を取り戻した。

大野とハルオにあって小春にないもの

今回、大野とハルオにあって小春にないものがまた明らかになってしまった。それはどんな状況でも「ゲームを楽しむ」という気持ち。ハルオvs.小春でニコタマが気づいた違和感の正体。これはダイヤグラムの有利不利の問題じゃない。勝ちたいがあまりにゲームをするのがハルオを手に入れる手段になってませんか、小春さん!
後のストリートファイターシリーズで、豪鬼がいみじくも語る。
「影に魅入られしものは死す」

Akumaとは?

海外版ストリートファイターシリーズにおいて、豪鬼は「Akuma」という名前になっています。まあ確かに悪魔のような強さ。スパIIXで最初に出てきたのを見たときは度肝抜かれたもんです。ベガボッコボコの瞬獄殺。最近は鉄拳にもゲストキャラで出てるみたいですね。
対戦で使ってくるやつはなんだかなぁ。。。と思うキャラですね。。。