読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

ビッグガンガン2014年vol.01『ハイスコアガール/押切蓮介』第34話の感想

感想文 ビッグガンガン 漫画 レビュー ハイスコアガール 押切蓮介

真剣勝負、開始!

8月下旬、ゲーセンの掲示板に貼り付けられた挑戦状。サムライスピリッツ、KOF95、ヴァンパイアハンターの順で、それぞれ2本先取でゲームごとの勝敗を争い、2つ取れば勝ち。小春の恋心を賭けた真剣勝負が始まる。


ビッグガンガン2014年vol.01『ハイスコアガール押切蓮介』第34話のあらすじ

※ネタバレ注意
一戦目はサムライスピリッツ。ハルオは幻庵、小春は右京。右京の、叶わぬ恋に身を焦がし魔界へ赴くというキャラ設定を自分に投影しながら戦う小春。右京は幻庵を圧倒し、小春がまず一勝。

小春を応援に来た夜ゲーの仲間達は沸き立つが、ニコタマはハルオに感じる何かを小春からは感じないことに違和感を覚える。
たまたまやって来た宮尾も見守る中、二戦目のKOF95対決が始まる。緒戦に敗れたが、ハルオは動じていない。

龍虎の拳チームを選ぶハルオに対し、小春は特殊コマンド入力でボスキャラチームを選んだ。この奇襲作戦でハルオのロバート、タクマが倒され、残るはリョウ・サカザキのみ。しかしハルオはやはり動じないどころが楽しそうに笑みさえ浮かべてリョウを操作し、主力のルガールを倒す。

ニコタマは小春からは勝利への執念を感じるが、ハルオはゲームを楽しみながら勝負をしていることに気付き、先程から感じている違和感の正体を知る。
勝ちに走り、使い慣れないキャラを選んだことを後悔する小春。いつかのハルオの言葉を思い出す。

日高 俺はな
負けたくない奴に
負けたくねーんだよ

柴舟を倒し、ハイデルンを龍虎乱舞で倒す。

これで1対1、最終決戦は「ヴァンパイアハンター」。


ゲームに対するスタンスの違い

自分の想いを乗せた右京でハルオの幻庵を圧倒できた小春でしたが、KOF95では裏をかくためのキャラ選択が裏目に出ます。ボスキャラ軍団なのでキャラ性能は圧倒的ですが、いかんせん急仕立て、使いこなせず自滅してしまいます。
ここでニコタマちゃんは、対戦するふたりのゲームに対するスタンスの違いに気付きますした。
勝ち負けに拘る小春と、この状況でも尚ゲームを、対戦を楽しもうとするハルオ。
対戦を楽しむ気持ちを忘れないハルオを見てガイルさんも安心するのです。


ゲームはそもそも楽しむためのもの

自分の恋の行く末を賭けた勝負で、小春に楽しめ、というのは酷な話です。
しかしゲームというものは、そんな切羽詰まった気持ちプレイするものなのでしょうか。ゲームをするのが楽しい、勝ち負けを競うのが楽しい、だからもっと上手くなりたい、強い奴と対戦したい。この「ハイスコアガール」において、ハルオは一貫してそのような態度を見せています。
そしてそんなハルオに小春は、そして大野も惚れたのだと私は思います。
楽しむ気持ちを忘れた小春が仮にハルオに勝ったとしても、それが小春にとっていいことだとは思えないです。


予想

有馬記念も散々、今年取れたG1ひとつもない、それどころかそのうち田中勝春ばりのG1連敗記録を打ち立てそうな私の予想は、でも、それでも小春が勝つと思います。


コミックス5巻発売!

今日(12月25日)、コミックス5巻がCD付きの特別版と通常版で発売されました。ビッグガンガン本誌の応募券とコミックスの応募券で特製Tシャツプレゼントキャンペーンに応募できるそうです。
応募には組み合わせが指定されています。通常版についてくる応募券と今回号のビッグガンガン応募券との組み合わせで応募できるTシャツと、特別版応募券と次回号の応募券の組み合わせで応募できるTシャツは色が違う上に、組み合わせが違うと無効っぽいので注意です。


ハイスコアガール』アニメ化決定!

もう潰れた会社もあるのでゲーム関連映像の権利関係を処理しなくてはならないアニメ化は大変だったと思います。アニメ化にあたってガイルさんや頼朝が全然わけわからん何かになってたら興醒めです。そこをクリアできたんだから、企画としてはもうほぼ成功したようなもんです。楽しみです!
[asin:B00H31ED8O:detail]
コミックス発売日に電子書籍版も同時発売。もう全部の漫画がそうなってくれたら嬉しいなあ。