読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

『ハイスコアガール/押切蓮介』日高小春にはなんとか幸せになって欲しいと思うおっさんの会

俺はお前の噛ませ犬じゃない!

長州力藤波辰爾に言い放ったのは31年前の10月8日、後楽園ホールでした。メキシコへ武者修行に出た長州力、現地でチャンピオンになり凱旋帰国するも組まれた試合は師匠の猪木と兄弟子・藤波と組むタッグマッチ。チャンピオンになったのに藤波の前を歩かされて入場し、リングアナウンサーのコールも藤波の前。試合も美味しいところは全部藤波が持っていきます。俺チャンピオンだし!中卒の藤波と違って俺大学出のオリンピックアスリートだったのに!と思ったかどうかはわかりませんが、とにかく積もりに積もった長年の鬱憤は大爆発し、仲間割れで試合をぶち壊して冒頭の発言に繋がります*1

小春、お前は噛みつかないのか⁉︎

さて、ハイスコアガール。ここにも「噛ませ犬じゃない!」と言い出してもおかしくない人物がいます。ヒダカトオル。。。じゃなくて、日高小春です。キラキラまつ毛の隠れ巨乳。気だても良くて可愛らしい、完全無欠のヒロインです。他の漫画だったらの話ですが。
日高小春の行く道は険しい。というか、ハルオに惚れた時点で完全に詰んでいる。

REST CRUSADERS(初回限定盤)

REST CRUSADERS(初回限定盤)


「この先で全部死んでる」(by仲村佐和)

どう考えても、このハイスコアガールという物語の構造の中では、小春はハルオの彼女にはなれません。なれる訳がない。だってこの物語はハルオと大野がくっつく物語だもの。ただただ噛ませ犬。ラブコメ史上に残る哀しい噛ませ犬。「めぞん一刻」七尾こずえちゃんも大概だったけど、こっちはこっちで目も当てられない。
物語の進行上も、すでに4話も放ったらかし。あんな決死の表情*2で告白したのに!多分次回も第1話のリミックスだからほったらかされるぜ!ギャー!

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)


小春「明るい未来が見えません!」

とはもちろん言わないでしょうが、どうしたらこの子がかわいそうじゃない感じで着地できるんでしょうか?かわいい子なのになあ、小春。部屋でピョンピョンするシーン*3なんて、読んでるいいおっさんがキュン死にしたよ!
どうか作者には、この子にハルオを諦めさせた上で、何とかこう、幸せにして欲しい。噛ませ犬で終わって欲しくないなあ。


ちなみに

噛ませ犬発言の結果、長州は社会現象に近い大ブレイクを果たし、かつ噛みつかれた藤波も、その人気と評価を盤石のものとしたのです。噛みついた方も噛みつかれた方も誰も損をしない、それどころかどっちもハッピー。プロレスの歴史に刻まれる美しい伝説です。

*1:実はこんな風には言ってないらしいです。詳しくはhttp://youtu.be/TlVcTyZD8UUhttp://news.livedoor.com/lite/article_detail/7047415/を参照してください。

*2:コミックス4巻P153

*3:コミックス2巻P75