読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I think so./I feel so.

漫画や映画など読んだもの・見たもの・聞いたもの・使ってみたものや普段の生活に関する感想文です。内容は一個人である私の思いつきに過ぎません。

最近買った本、漫画、CD

最近はこんなものを買いました。

漫画
  1. スイートプールサイド/押見修造
  2. ぼくは麻理のなか 1巻/押見修造
  3. 志乃ちゃんは自分の名前が言えない/押見修造
  4. 漂流ネットカフェ 1〜7巻/押見修造
  5. マコちゃんのリップクリーム 8巻/尾玉なみえ
  6. おかゆネコ 1巻/吉田戦車

おかゆネコ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

おかゆネコ 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

 

  1. ベストな決断を導き出す 実践「ゲーム理論」思考ファイル/現代ビジネス兵法研究会
  2. 自分の小さな「箱」から脱出する方法/アービンジャー・インスティチュート
  3. 新版 論文の教室/戸田山和久

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

 

CD
  1. 野獣バイブレーター/ギターウルフ
  2. 知らない/星野源

知らない[通常盤]

知らない[通常盤]

 

 

惡の華』以来、押見修造にはまっています。どれも面白い。特に『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。『惡の華』と同じく、こちらも思春期をテーマとして扱っています。『惡の華』では思春期のもやもや=自我が露悪的に現れるのに対し、『志乃ちゃん』はより前向きに、クリエイティブに現れます。近いうちにちゃんと感想を書きたいと思います。『マコリプ』の尾玉なみえ・『おかゆネコ』の吉田戦車、どちらも大好きな漫画家。

 

本はその時々で自分の気になるものを懐の許す限り入手して読んでいます(誰でもそうか)。ゲーム理論は前からさらっと撫でておきたかった。『自分の小さな〜』は朝読む日経新聞で取り上げられてて気になったから。『論文の教室』はブログを書いてるうちに、自分の考えをまとめてアウトプットするために、きちんと基礎的な論文の書き方を身につけたかったから。私が大学生のとき、こんな親切な本は無かったw

 

CDはまあ、どっちも好きだから。ギターウルフの曲はどれも潔くて好き。星野源は声がいい。そのうちCDの感想もきちんとした形でかければいいなと思います。

 

しかし今日は目が痒い。。。。。